□接道義務





はじめに。

 
義務という言葉の使い方が面白い--と思う。
 人が多く住む地域ならば、道路に接していなければ家を建てることが難しいということは理解できる。

 道路に面していてやっと宅地なんだ…ということ。
 なお、道路が狭かった場合、道路の中心から2m後退しなければならない。これをセットバックという。




□まず、接道義務から説明しよう。

■都市計画区域内において,建築物の敷地が建基法上の道路(自動車専用道路を除く)に2m以上接しなければならないことをいい,建築物およびその敷地の利用の便宜,避難.消防活動の確保等を図るため,道路のないところに建築物が建ち並ぶのを防止することを目的としている。

 なお,大規模な建築物や多量の物資の出入りを伴う建築物などについては,その用途または規模の特殊性に応じ,避難または通行の安全の目的を達成するため,地方公共団体は,条例で敷地と道路の関係について必要な制限を付加することができることとされている(建基法43条)。



□また

 敷地が路地状敷地(旗ザオ型)の場合は,都道府県の条例で厳しい条件を付している場合があるので注意を要する。

 例えば東京都においては,路地状部分の奥行が20mを超える場合は,3m以上の接道を要する。

 建築基準法上の「道路」とは,幅員が原則的に4m以上なければならない。

 その意味で,実務上は幅員の確認が重要である。

 昭和25年11月以前からある幅員4m未満の道路(42条2項道路またはみなし道路とよばれる)も道路として扱われるが,建物を建築するときは,道路の中心線から2mの位置まで敷地を後退させなければならない(セットバックとよばれる)。

 敷地上の建物の規模を決める「建ぺい率」や「容積率」を計算する際の敷地面積には,後退した敷地部分は含まれない。

 



□留意点

 容積率は、前面道路の幅員によって制限される。