□縄延び、縄縮み




□はじめに。


 
不動産に関わると、時々、不思議な言葉にぶっつかる。
 縄延びなんていうのも、そのうちの一つかもしれない。
 言葉に歴史があるということだろう。




□辞書をみて、説明しよう。

 土地の実測面積が公簿面積より大きい場合の超過面積を縄延び,小さい場合の不足面積を縄縮みという。

 近代的測量法が確立する前は計測具に縄を使用したため測量者の技術・天候による乾湿・縄の老朽度等により,測量精度に相当な誤差を生じた。
 




□感想など

 もしかして、太閤検地の頃からの言葉かもしれないなぁ。