中国人の人気旅行先… 


                         


□2008年10月の記事から。


 中国の一般消費者に、海外旅行先としての日本について聞いてみたところ、全体の78%が「非常に行きたい」「行きたい」と答えていることが明らかになった。

 9月調査(条件が多少異なる)と比べると、若干「行きたい」と答えている人が多い。

 年代別で見てみると、20代での「非常に行きたい」「行きたい」との回答の合計で8割を超えた。

 収入別で見てみると、月収4000元未満では76%程度にとどまっているが、月収10000元以上では 9割近くに達している。

 収入が多くなればなるほど、日本への海外旅行に対して興味が高まっていることがわかった。

 逆に、「行きたくない」「まったく行きたくない」との回答で多かったのは北京。

 全体で10%程度だったのに対して、北京だけの回答では12%以上となった。

 今回調査での回答者のコメントを見てみると、「観光旅行として日本には行ってみたい(そのほかの話題には触れたくない)」(上海、30代男性)などの意見もあるが、総じて「風光明媚、建築物も独特、製品もいい(ショッピングに適している)」(広州、40代男性)や「観光業が発達しており、海外旅行に適している」(北京、30代女性)など肯定的意見が多数を占めた。


 →で、日本と聞くと「富士山」をイメージするのだそうだ。




□富士山の秋の景色を示したい。




■まとめ、感想など

 少し、掲示板から書き込みを拾ってみよう。

□80〜90年代に日本に出稼ぎに来て、それを元手に向こうで成功した資産家達の間では日本に別荘を持つのがブームらしい。
自然が豊かで食べ物も安全で美味しいから老後は日本で暮らしたいんだとか。


□金持ちも学を持ちこだわりを持たないと文化が育たない
現存の価値に気が付かない

積み重ねてきた知識が無い奴に金を渡すと何も知らないからアホにばら撒きアホがアホを呼ぶそしてビジネスモデルは崩壊する


□まず、バックパックで北から南まで国内旅行だろ、ふつう。
中国は中国人でも歓迎されないのか。あやしい国だな。


□いいなあ、中国人は。
すぐ近くに日本という第一級の観光地があるんだもん。
安全で食べ物がおいしくて面白くて買い物も楽しい。
ホント、うらやましい。

日本なんて近くには韓国か中国くらいしかないんだもんな。


--ここまで--



 辛辣な意見も多い。

 しかし、確かにお金があれば、まず、自国を貧乏旅行するというのが通常であろう。

 その部分を飛ばして、日本を旅行先に選ぶというところに、中国人のなにかが足らないという感じを受ける。

 それだけ、中国国内がアブナイということなのだろう。

 中国人が日本に旅行に来てくれるというのは有難いが、普通人としてのモラルだとか、通常の文化人としての訓練を飛ばしているようだ。

 日本人との間で、トラブルが多発するであろう。