南海会館ビル建て直し計画の概要 



                         

□2012年の春、なんば再開発の最後を飾るような記事があった。以下、ご紹介したい。




□まず、記事の切り抜きから。

:2012/02/17(金)

 南海電気鉄道は16日、本社が入る南海会館ビル(大阪市中央区)の建て替え計画の概要を発表した。

 なんば駅直結の地上29階建ての複合高層ビルで、海外からの医療 ツーリズムに対応したメディカルセンターなどを誘致。

 関西空港からのアクセスの良さ を売りものにする。

 ビルは延べ床面積7万8千平方メートル、高さ約154メートル。

 上層部は賃貸オフィスで 全体の7割超を占め、中層階にメディカルセンターや多目的ホール、低層階に伝統芸能が 体験できる常設小劇場、商業施設などが入る。

 2016年春に着工し、完成は19年春の予定。

 総事業費は400億円。

 建て替えに伴い、本社機能は、約900メートル南で建設中の新ビル内に来春にも移る。