高遠(たかとお)  …長野県伊那市  高遠城址公園  



長野県の高遠(たかとお)という地名を聞けば、サクラと保科正之(ほしなまさゆき)が思い出されるであろう。

 そういえば、高遠城址で保科正之を大河ドラマでやってほしい…という署名活動が行なわれていた。

 保科正之はあまり有名ではないが、二代将軍の徳川秀忠の側室の子供であり、異母兄の徳川家光を補佐をした人である。
 また、会津松平家の始祖でもある。

 なぜ、保科正之が高遠と関係があるのか…という話だが、正之の母親はお静という市井の人だったのだが、秀忠の正室は織田信長の姪にあたる於江(おごう)という気の強い女性であったため、秀忠はずっと隠し続けた。

 正之を憐れんだ武田信玄の娘が、高遠城の養子(このあたりに武田家とのゆかりを感ずる)として世話をしたので、やっと世間に出られた…という話だったと記憶する。


 

□少し、サクラの画像を示したい。 場所はいずれも高遠城址。







 
 

 



□サクラの色が少し赤っぽいと思わないだろうか。

 サクラの種類は、タカトオコヒガンサクラ という。