能登半島  …リアス式海岸と観光 --地質との関連


             -上掲画像は、九十九湾の北西側奥-


■先日、石川県、能登半島を訪れた。

 まず、場所を示したい。

 小縮尺の地図では以下。能登半島の北東部(富山湾に面している)に位置する。





■大縮尺の地図では

 

□九十九湾(つくもわん)の北西の奥に宿をとった。

 南東方向へ向けた画像を示そう。





 ⇒全体から見ると、この九十九湾の部分だけが地形として特異な形状をしているようだ。

■九十九湾について、宿のhpから転記させてもらう。

 -引用はじめ-

 九十九湾は、俗に「九十九曲がり」とも呼ばれるように大小の入り江が連なりあって成り、延長12.5km、湾口0.35kmの典型的なリアス式沈降海岸です。

 碧い海に岬の緑がいくつも迫る絶景は、箱庭にも喩えられ、古くは日本百景の一つにも数えられていました。

 晴れた日には湾上に立山連峰が白く浮かびあがり、その雄大な姿を望むことができます。
現在は海中公園にも指定されています。

 日本海に突き出た能登半島でも、荒々しく男性的な「外浦」に対し、波穏やかで女性的な風情をたたえるのが、富山湾に面した「内浦」の景色。

 風もなぎ、気候が比較的温暖なため、野菜や果物の栽培も盛んです。
 九十九湾はその内浦の中でも、最も内浦らしい情感にあふれた場所といえるでしょう。

 湾の中ほどにある「蓬莱島」は、万葉の植物をはじめとする樹木が自生し、九十九湾ののんびりとした景観に彩りを添えてい

 -引用おわり「-


■geogle earth  から画像を拾ってみよう。




 ⇒能登半島を南側からやや俯瞰したような視点での画像となっている。
 リアス式海岸とはいえ、この九十九湾のみが特異なポイントになっていることが分かる。

 恐らく、根底にあることは、この部分が波等の侵食を受けやすい地質(凝灰岩?)から出来ていることによるのでは、と推定される。


□水平線近くの視点からみると






■筆者のまとめ、感想など

 宿には、洞窟風呂というものがあった。

 半島の反対側までツルハシ一本で3年掛かってトンネルを掘り、その末端部分にお風呂が設置されたということらしい。

 掘った人のご苦労は頭がさがる。そしてそのことはこの地が掘りやすい岩石で構成されているということも理解できるであろう。

 なにか、廣島にある宮島、厳島神社と同じような感じがする。

 その場所に地質的に特異なポイントがあって、その部分のみ地形にも特異さが現れた、ということであろう。

 湾の入り口が南東側、富山湾の方に向かっているということも僥倖だな、と思う。

 温泉が涌くということは無理としても、地形とか地質、湾の向きなど、いくつかミニ観光地としての条件を備えていると思う。

 近くの都市である金沢市から直線距離で、約90キロと辺鄙な場所ではある。

 ある固定の人数の顧客を獲得できる観光地と言えるのではあるまいか。