長岡京の竹林




□4月の終わりに、京都府長岡京市を歩いた。

 天王山の北側の麓には、大きな竹林が広がる。

 タケノコが旬(もう終わりに近いのかなぁ)で、売店も見える。

 地図とか、タケノコの様子などをご紹介したい。


  

■タケノコをとるためには、竹林の手入れが必要だ。

 

 
間伐のようなことをし、また、表面は笹の葉で覆われている。




 ところどころで、三角形のようなものが見える。あれがタケノコの頭の部分。


□地図を示したい。


  →中央下部に天王山が見える。

   天王山の北側の麓が、緩い丘陵となり竹林が広がっている。