■暗峠
  …くらがりとうげ


 
□先日、生駒市側から暗峠(くらがりとうげ)へ登った。

 大阪と奈良を結ぶ幹線で、江戸時代はお伊勢参りの街道でもあったらしい。

 地図、画像を示しながら、古い街道の風情を楽しみたい。


 
上掲の画像は、生駒がわから大阪方面を望んだもの。石畳は、数十メートルあるだけだ。


 

 

□地図を示して、場所を確認したい。



 
→ほぼ中央に暗峠(くらがりとうげ)という文字が見える。

 
 西側が大阪府東大阪市、東が奈良県生駒市となる。


□概要を押さえるため、ウイキペディアから転記しておこう。

 
暗峠(くらがりとうげ)は、奈良県生駒市西畑町と大阪府東大阪市東豊浦町との境にある峠。 現在は国道308号及び大阪府道・奈良県道702号大阪枚岡奈良線(重複)が通る。
 標高は455m。

 暗越奈良街道の生駒山地における難所で、特に大阪府側は急勾配が麓から峠まで約2.5km続く。

 国道とはいえ自動車で通行するのは困難なほど道幅は狭く、関西酷道マニアにとっての聖地であり、ハイキングコースとしても有名である。

 峠の頂上には小さな集落があり、茶店もある。
 また、この付近のみ、路面が石畳になっている。

 「暗がり」の名称の起源は、樹木が鬱蒼と覆い繁り、昼間も暗い山越えの道であったことに由来している。

 また、「鞍借り」、「鞍換へ」あるいは「椋ケ嶺峠」といったものが訛って「暗がり」となったとする異説もある。

 江戸時代に刊行された『河内名所図会』には、「世に暗峠という者非ならん‥(中略)‥生駒の山脈続て小椋山という。
 故尓椋ケ根の名あり、一説尓は此山乃松杉大ひ尓繁茂し、暗かりぬればかく名付くともいう。」と記されている。

 1694年(元禄7年9月9日)、松尾芭蕉が大坂へ向かう途中この峠を通った。
 このとき「菊の香に くらがり登る 節句哉」という重陽の節句にちなんだ句が詠まれたという。




□登ったコースは、生駒駅 → 宝山寺 →鬼取町 →暗峠だ。
 コースの順に画像を示したい。




□宝山寺



□鬼取町

□暗峠へ向かって

□峠から東側(生駒市)を望む


□風の強い日だったので、峠の茶屋で休み、更に生駒山系の尾根沿いに南方へ辿っていった。