姫路城



□姫路城を訪れた。






□少し、概要を押さえておこう。

 今や日本に12箇所しか現存していない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つである(現存天守)。

 国宝四城(姫路城・松本城・彦根城・犬山城)の一つでもあり、築城以来の姿をよく残している事もあって、時に「天下の名城」あるいは「日本一の名城」と言われる。

 築城以来廃城や戦火の危機を免れてきた事から天守を始め多くの建造物が現存し、うち大天守、小天守、渡櫓等8棟が国宝、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に指定されている。また1993年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

 姫路城の所在地「姫路市本町68番地」は、日本の番地では皇居の位置する「千代田区千代田1番地」に次いで広い面積を有する。近代には陸軍歩兵第十連隊が駐屯していた。

 白壁の美しい城であり、時代劇を始めとして映画などのロケが行なわれることも多い。しばしば江戸城など他の城の代わりとして撮影されている。



□お堀の様子など。





□まとめ、感想など

 キレイで大きなお城だと思う。

 確か、数年にわたっての改修計画があった。

 天守閣がシートに覆われた期間がこれからあるのかもしれない。




■2009.4月  夜桜の記事と画像が載っていた。





 →う〜ん、お城とサクラというのも合うなぁ。