■ミステリーサークル



□はじめに。
 
 上記の写真を見て頂きたい。

 ミステリーサークルと呼ばれる不可思議な模様である。

 主として、イギリスなどの麦畑などで、朝起きてみると、このようなものが出来たいたというのが一般的である。(日本でも時々、見つかることがある)

 原因は、不明。

 人が作ったのだという説もある(自分が作ったと名乗り出た人もいる)、宇宙人の仕業だという説もある。

 筆者の意見としては、まず、自然現象と考えるのは無理がある…と思う。
 つまり、なにものかが作為的に造ったものであることは確かだと思う。

 誰が、どのようにして…ということは、分からない。
 つまり、今の科学の知識では説明できないということだ。

 
このようなことは、事実は事実として受け入れ、冷静に科学的な目で見続けるということの方が、よほど、大切だと思う。

 徒に、ある説のみを否定するのではなく、宇宙人の可能性があるかもしれない…、近所の農夫がつくったのかもしれない。

 …
そんな様々な可能性を事実を踏まえながら、冷静に探求しつづける…そういう姿勢をとりたいものだ。 


□以下、ミステリーサークルを例示したい。



□上掲のようなものを見せられると、自然現象と考えるのには無理がある。

□上掲の画像のサークルを拡大したものが下の画像らしい。

□数字らしく読めるのだが、どうだろうか。




□2009.6月 鮮明な画像がupされていたので、ご紹介したい。いずれもイギリスとのこと。

















□まとめ、感想など

  なんというか、人間のつくったものだろうとか、自然現象だとかいう説明ならこれは違うだろう…と言えそうだ。

  宇宙人かも知れないし、未来人かもしれない。

  そんな様々な可能性を考えながら、これを注意深く見続け、その原因を探っていこう。