□土地、建物などの不動産は、個別性が強いうえに狭い限られた市場しかありませんので、なかなか適正な価格を見出すことができません。

 そこで、不動産鑑定士はオープンな市場にかわって、不動産に関わるいろいろな権利の価値を価格で表わします。

 この作業を鑑定評価といいます。

なんでも鑑定団という番組がありますが、あれをみていると鑑定評価という意味が理解できます。
 つまり、ここにいろんな、なにかワケの分からないものがある。専門家がそのワケの分からないものに値段をつけるということです。)



 この鑑定評価は、不動産の価値について、公正で客観性が求められる場合に、意思を決定する際の根拠づけに、また公的な機関への説明のためなどに利用されています。
 

 もう少し詳しく言いますと、

 □不動産の売買や交換をする時、

 □不動産を担保に提供して融資を受けるとき、

 □相続時に遺産を分ける場合、

 □賃料・地代を改定するとき、

 □再開発・等価交換・共同ビル等を計画する場合、

 □地価公示・地価調査、相続税標準宅地の評価など

 を行うときに利用されています。

 


 


また、不動産に関する幅広い知識をベースにして、

 ■不動産の有効利用のプランニングをはじめとして、

 ■不動産の証券化、

 ■土壌汚染、

 ■定期借家に関わることなど、

 □不動産をめぐる様々なコンサルティングの分野

に進出しています。





■まとめてみると、以下のようになります。

    評価しようとする対象 

評価する目的など

 
 
  □宅 地

  
  □建 物

  
  □宅地見込地

 
  □田畑・山林・原野

  □工場財団・その他の企業財団


  □不動産に関する各種の権利


  □地代・家賃





  売却・買受

  担保

  資産評価

  損失補償

  課税

  現物出資

  証明

  換地処分(土地区画整理)

  払い下げ

  交換

  賃貸借

  相続