■稲作の伝来


 
□始めに。

 稲作の伝来

 古くから江南地方で稲作を営んでいた漢民族でない南方系民族(苗族など)が、幾つかの団体となって渡来し、日本に稲を伝えたのであろうと考えられている。

 日本へ経路としては、長江(揚子江)河口域より黒潮に乗って、直接に北九州に伝わったものラシイ。

 
右下図は、BC2世紀頃の東アジアの状況 江南地域と日本が黒潮を介して随分近い関係にあることが分かる。

 ジャンク船などでは季節などが良ければ、20時間くらいで到着するという。



 北九州における稲作は、縄文時代晩期までさかのぼり,時代とともに稲作は東進し,1世紀には近畿に,

 さらにに関東、その後北上し,鎌倉時代(13世紀ころ)には本州最北部にまでおよんだ。

 伝播した民とされる苗族(ミャオ族,メオ族とも呼ばれる)とは、中国の西南部,ベトナム,タイ,ラオスなどに居住する種族で、中国では少数民族の一つ。

 居住している範囲は,今日の湖南省,貴州,四川,雲南,広西チワン族自治区などにわたり、中国在住のミヤオ族は738万余にのぼって(1990)いるものと推定されている。


 苗族と古代日本とに類似した行事…歌垣…うたがき…が見られる。

「歌垣」とは、中国南部からインドシナ半島北部の諸民族において行われており、男女が集会し、相互に掛合歌をうたって求愛する行事である。

(このあたり、和歌の原型のような気がするのだが…、また、万葉集は、明らかに声に出して歌っていたはず)





 


 
中国貴州省のミヤオ族の場合は, 60〜70組の恋人が集まり,互いに向かい合って手をつなぎ,軽やかに裏声で恋歌を対唱し,愛情を伝え合う。

 女は15〜16歳,男は16〜17歳になると参加でき、毎晩8時〜9時ごろから,夜中の1時〜2時ごろまでつづく。

 催す場所が,ここでは村はずれの山の背に決められており,祭日や農閑期に行われる。





□イネの遺伝子などの研究で詳しいことが分かりはじめた。

 最新の研究結果がブログにのっていたので以下転載する。

-以下、転載--

 農学、植物学、生態学の分野では米の伝来ルートについては支那南部から直接伝来したという説が定説だったが、考古学、歴史学の分野では朝鮮半島経由という考え方が有力だった。

 しかし、7,8年前からまず考古学の分野から変化が起き、次第に支那南部から直接伝来した説が有力になって、現在ではほぼすべての学界で定説になっている。

 また支那の稲作研究界ではむしろ水稲種は日本から朝鮮半島に伝播したという説が有力になっている。

 この流れが加速したのは主に2つの理由がある。

 遺伝子工学の分野からの研究の成果、もう1つは支那政府機関が20年以上かけて満州で行った品種の調査だ。

 この2つが決定打になり朝鮮半島経由で米が伝来した可能性がなくなった。

 順を追って説明すると、米には品種特性を決定づける遺伝子が7種類ある。

 このうち古代から現代に至るまで日本で発見された米の遺伝子は2つしかない。日本に存在する遺伝子をNO.1とNO.2とする。

 NO.1とNO.2の遺伝子はそれぞれ温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカという品種の特有遺伝子だ。

 次に稲作の発祥地である支那はもちろんNO.1からNO.7まですべて揃っている。

 朝鮮半島の米はNO.2からNO.7までの6種類が揃っているが、NO.1だけは存在しない。

 これは気温が低いと存在できない遺伝子のため支那北部より北では存在できないためだ。

 この辺の事情は「栽培稲に関する種生態学的研究」(松尾孝嶺著)に詳述されている。

 往来が盛んになればなるほど、多くの種類の遺伝子を持つ米が入る確率が高まるが、日本には2種類しかないのが確認されていて、これが稲作開始の初期から広く分布していることから、米の伝来はごく限られた回数で特定の地域から伝来したと考えられる。

 近年、炭素14年代測定法という最新の年代測定法の成果で朝鮮半島の稲作より日本の方がかなり古いことが分かってきている。

 日本の稲作開始は陸稲栽培で6700年程度前まで、水稲栽培で3200年程度前まで遡ることが判明している。

 これに対し朝鮮半島では水稲栽培は1500年程度前までしか遡れない点、九州北部と栽培法が酷似していることや遺伝子学的に日本の古代米に満州から入った米の遺伝子が交雑した米が多いことなどから、水稲は日本から朝鮮半島へ、陸稲は満州経由で朝鮮半島へ伝わったことが判明した。

 支那政府の研究機関でも調査が進み間違いないという結論が出ている。

 また、支那南部の日本の米の起源と推定される地域は熱帯ジャポニカも温帯ジャポニカも同時に存在しているので、両者を1品種ずつ持ってきたと考えられる。

 往来回数が多くなると別遺伝子品種が紛れ込む可能性が高くなるので、古代人が遺伝子選別技術を持っていない限りはこの地域だけから流入したと考えるしかない。


 また朝鮮半島の米はNO.2の遺伝子が70%を占めるので、米が朝鮮半島に導入された初期段階でNO.2の遺伝子が多く伝わっていなければならない。

 日本から2種類の遺伝子を持った米が朝鮮半島に渡ったものの、NO.1の温帯ジャポニカ種は朝鮮半島に根付かずNO.2の遺伝子のみが広まり、そこに満州から米が入ってきて、NO.2の遺伝子を持つ米と交雑したと考えると朝鮮半島の米に遺伝子的な説明が付く。

 支那にはすべての遺伝子が満遍なくあるので、特定の種類の遺伝子だけを多くして朝鮮半島に伝えるのは無理だ。

 韓国の学界には古代朝鮮人が遺伝子を見分ける何らかの術を持っていて、仕分けをした上で日本に米を伝えたとする説を唱える学者もいるが、願望というか発表の際に興奮気味に意地でも朝鮮半島から日本に米が伝わったことにしたいようにしか見えない。

 どうやって遺伝子を見分けたかを説明していないので相当に無理がある説だ。

 韓国の学者は学術的見地よりも感情が先に出ているので非常に相手をしにくい。実際にBSEの研究会をイギリスで開催した際は韓国からは招待者なしという事態もあった。

 米の伝来は支那南部から日本へ来たものであることを説明したが伊勢神宮にはこれを裏付けるような伝承がある。

 「
米は斉の御田から天照大神が持ってきた」(斉は現在の中国山東省)というもので、現在の学界では日本の米は支那の山東省付近という説がもっとも有力だ。

 また、同地域にも一部部族が日本へ渡ったとする伝承がありこれを裏付けている。

 さらに台湾の学者が鵜飼に着目した研究をしているのだが、これも日本への米の伝来が支那からであることを裏付けている。

 鵜飼の風習は支那の楚の国(現在の湖南省と湖北省とその周辺)とその稲作文化圏である四川省、雲南省、広東省など中国南方の地方によく見られる。

 日本でも普通に見られる。

 ところがこの鵜飼は朝鮮半島では古来まったく見られない。

 台湾や琉球文化圏でも鵜飼の習慣はない。

 このことは最初に米を日本へ持ってきたのが、支那南部の楚に起源を持つ人たちで経由なしで直接日本に伝来させたことを裏付けている。

 その人達が伝えた鵜飼が日本に広まったということだ。

 なお、日本の品種改良技術は奈良〜鎌倉時代に飛躍的に伸びたが、飛鳥時代にも籾の選別技術等が確立しており、5世紀頃には単位収量がアジアでトップクラスになっている。

 日本が朝鮮を併合した時に朝鮮に日本の耕作技術が移出され、単位収量が併合前に比べて2.2倍という爆発的増加をみたが、これは灌漑設備の他、植物防疫、施肥法の伝授によるものだ。

 単位収量の増加は挑戦における生活の安定をもたらし、食料計画の研究資料によると摂取カロリーが一日あたり併合前に比べて一人あたり400カロリー、摂取タンパク質量が一人あたり7グラムも増えた。

 栄養状態の大きな改善などにより併合後の朝鮮の人口は2倍以上に増加した。

 支那も朝鮮と同程度の収量であったことなどをみると日本の稲作技術は20世紀初頭のアジアでは飛び抜けてトップであったことが伺える。



--転載はここまで--





□とりあえずのまとめ

 
これは原日本人に稲作を教えたのは誰かという疑問に決着をつけた研究だ。

 そして、また、弥生人とは誰だったのかも判明したようだ。

 こうして、日本というものがどのように形成されてきたかが段々明瞭になってくる。