■防人…さきもり



 
防人とは、日本の古代の兵役の一つで…さきもり…とは崎守の意味のこと。

 防人を説明するためには、
白村江の戦いの経緯を説明しなければならない。

 ※まず、以下の図を見て欲しい。





 概略を辞典から書き写す。

白村江の戦

 朝鮮南西部の錦江河口付近で663年,日本軍と百済復興軍とが唐・新羅の連合軍と交じえた戦い。

 白村江(〈はくすきのえ〉ともよむ)は錦江の古名。

 戦争は2日にわたって行われたが,河口の岸上に陣を張った百済軍は文武王のひきいる新羅軍に打ち破られ,日本軍は海上で蘇定方のひきいる唐軍に敗北した。

 このため,周留城にたてこもっていた豊璋のひきいる百済復興軍も崩壊した。

 この戦いは,660年,百済が唐の高宗と新羅の軍隊に滅ぼされて以後,百済復興を企図した鬼室福信,黒歯常之,僧道竺(どうちん)等が大和朝廷へ救援を求めてきたことに発端がある。

 当時,大和朝廷には百済王義慈の子豊璋が人質として来ており,鬼室福信らは大和朝廷の軍事援助を受けるとともに,唐軍に降服した義慈王と太子隆にかわって豊璋を百済王として迎えようとしたらしい。

 この要請にこたえた当時の日本は斉明天皇のもとで中大兄皇子が実権をにぎっていたが,643年に百済が洛東江沿岸の旧加羅諸国を新羅から奪い,644年には唐の太宗が高句麗遠征に踏み切るなど,当時の中国,朝鮮の激動から大和朝廷も大きな影響を受けていた。

 とくに百済が旧加羅諸国を占領したことは,それまで新羅に代納させてきた〈任那の調〉を百済に肩代りさせ,さらに646年にはこれを廃止して新羅から人質をとるという外交方針の転換を迫った。

 しかし,さらに660年,百済が唐と新羅軍に急襲され滅亡すると,大和朝廷は,それまで百済と新羅との対立を利用して両国から調貢を受け取ってきた外交の転換を余儀なくされた。

 大和朝廷ではこのような外交のいきづまりを,百済救援の要請にこたえることで打開しようとしたものと思われる。

 もちろん古くからの百済との友好関係も一因をなしたかも知れないが,いずれにせよ6世紀以来の大和朝廷の対朝鮮外交はこの白村江の戦をもって終止符が打たれたのである。  
      






■こうして、日本は朝鮮半島から手をひいたのだが、唐・新羅軍の来襲…
元寇なんかより遥か以前に、中国、朝鮮半島より襲われる可能性に怯えた…に備えて,約3千人の兵たちを筑紫,壱岐,対馬に常駐させた。


 任期は、3年で東国の東海道,東山道地域の農民たちが徴発された。

 律令制では、21〜60歳の男子は、3年間の防人の軍役につく義務があり、その大半は筑紫地域,大宰府などに配置され,筑紫地域の内外の軍事に活用された。

 防人の生活は、60日間軍役につき,他は農業生活を営むものであった。

 刀剣弓箭を主とする軽便な装備で,弩を中心にした軍事拠点の兵力として用いられた。

 しかし、東国からの防人の補給は難しく,停止・復活をくりかえし、9世紀始めに,選士・衛卒制に移行し,防人制はなくなった。

 防人たちには,出発のとき、父母妻子らと歌を詠みかわしたり,旅の宴席等に歌をつくったりする伝統があった。

 万葉集にある防人歌は,遠江,相模,駿河などの10ヵ国におよぶ。

 家族との別れを悲しむ歌,家を思い家人を恋うる歌が多い。     



□他の辞書から転記してみる。

■防人

 古代の兵役。
 「防人」の用例は、中国唐でみられるが、日本であえて「崎守(さきもり)」と訓むのは、大陸に面する北九州地方の崎々に配され、防衛にあたったからである。

 防人の初見は『日本書紀』の大化2年(646)条であるが、大化前代にも「夷守(ひなもり)」「島守(しまもり)」などというそれに類したものが置かれていたらしい。

 防人が実際に制度化されたのは、663年(天智天皇2)白村江の戦いで、唐・新羅軍に大敗してからである。

 令制では、諸国から防人が難波津(なにわづ)に集められ、船で大宰府に送られ、防人司(さきもりのつかさ)の統率下に入れられた。

 そして各地に配され、軍務に従事しつつ、空閑地を開墾したりして、食糧を自給していた。

 一般には3年で交替とされたが、年限を過ぎても帰郷が許されない者もいた。
 また、東国の兵士が任ぜられることが多かったのは『万葉集』の防人の歌(巻14、巻20)から知ることができる。

 737年(天平9)に諸国防人が廃止され、その帰郷の姿が天平10年度の正税帳(しょうぜいちょう)からうかがうことができ、「周防国正税帳」からは約1900人を数える。

 これに備前児島に向かった者を加えて総勢約2300人前後となるが、これがほぼ防人の構成員であったとみなされる。

 東海道の遠江、駿河、伊豆、甲斐、相模、安房、上総、下総、常陸、東山道(とうさんどう)の信濃、上野、下野、武蔵から東国防人は徴発されていたようである。

 その後、復活・改廃があり筑紫(つくし)の兵にゆだねるようになったが、延喜(901〜923)のころには有名無実となった。




□感想など
 防人を置いた期間が長いと思わないか。
 白村江の戦いが663年、有名無実なものになったのが900年以降。
 250年以上も制度が続いている。
 日本が唐などの中国をいかに恐れたか--ということなのだろう。