レストランを開業したいのですが、計画した建物が奇抜だといわれています。
 今後を見越すと、どのように考えれば良いでしょうか。



 
ユニークな建物というものは、概して建築コストが高くなり、そして、一般受けしないため、売るときにはどうしても安くなります。

 総じてレストラン経営は、店舗建物・厨房等の固定費の比率が高く、損益分岐点の周辺での売上高の変化により利益が大きく変動します。


 その点で経営は不安定となり易く、ユニークなアイデアも短期的な効果に終わる危険性があります。

 これを避けるためには、開業時から早期に投下資本を回収できるような投資採算の計画を立てるべきでしょう。

 また建物を手放すときは、あまり値引きしなくても売れるように考えておきましょう。

 建物だけでなく、土地の価値自体があまり低下しないような場所に立地することも大事です。

 レストランとしての建物は個性豊かなデザインであると共に、いざという場合には改造できる余地のある設計をお勧めします。

 プランニングの段階から、ぜひ専門家にご相談ください。