■ガンダムに乗って





 どこにひっかかったのだろうか。
 多分、ガンダムというものが上掲のように使われる世代が産まれたということにある意味、感慨を抱いたということだろう。

 筆者は団塊の世代だ。
 セロ戦とか紫電改--などという「言葉」に「胸を打たれる」世代なのだ。

 ガンダムなら、1980年代に育った世代ということか。
 その世代が、世界へ雄飛しよう--としているということなのだろうな。
 筆者の世代が「ゼロ戦」「紫電改」等という言葉に感じるのと同じような「思い」を胸にして-----。


 なお、画像は新聞をデジカメで撮ったもの。スキャナーにも入りきらなかったので。




 1980年が10才なら、いま40代半ばというぐらいかな。その辺りが一番年かさとすると、中心は30代後半ということか。
 ガンダムを見ながら育った世代だということだろう。

 その世代が世界へ飛び出していこう--としている。
 上掲の画像など、ライジングサンとガンダムということだな。
 人を鼓舞するのに、日本には一杯コンテンツがあるな。