■アイドリングストップ    …ハイブリッドとは異なる省エネ




■原油価格が不安定だ。
  そこで、原油高騰の影響をうけないように、様々な省エネの手段が考えられてきた。

  トヨタ、ホンダは、ハイブリッドという方向へ進んだ。

  これに対して、マツダはアイドリングストップという省エネの方法を考えだした。

  以下、記事で内容をご覧頂きたい。










■まとめ、感想など

  う〜ん、智恵は無限だなぁ…。

  要するに、信号待ちの場合等にはエンジンを切ってしまう…という訳だ。

  なにがなんでも、ハイブリッドという方向へ進まなくてもいいではないか。(なにせ、電池はいるし、モーターとエンジンを切り替えるソフト等簡単なものではあるまい)

  今、ある技術の中で、省エネの道はないのか…と考えると、このアイドリングストップというものが見つかったということだろう。

  なにか日本人技術者の底力のようなものを感じる話だと思うのだが…