■サメ激減   …その理由は



■2008.11月の新聞から。


 
アジアにおけるフカヒレスープの需要が、野生におけるサメの個体数を過去最低にまで激減させている。

 オーストラリア政府および野生動物の取引監視団体「トラフィック」が5日、 このような報告書を発表した。

 報告書は、サメの20%以上の種が既に絶滅の危機に瀕しており、乱獲や密漁に対する政府の管理体制の欠如が、個体数の減少に拍車をかけていると警鐘を鳴らす。

 さらに、サメは産卵数が少なく成長も遅いこともあり、乱獲による影響は特に大きいと指摘。

 「サメをめぐる状況は悪化し続けている」としている。

 報告書を共同執筆したトラフィックのグローバル海洋プログラムのリーダー、グレン・サント氏は、密漁などにより、食用として年間どの程度のサメが捕獲されているかは不明だと言う。

 同氏は、世界の大半でサメの捕獲に関する規制が設けられていないことが問題を悪化させているとした上で、多くがアジア市場向けのフカヒレのために捕獲されていると指摘。

 「われわれはフカヒレの取り引きに反対しているのではなく、乱獲に反対している」と強調した。

 また、報告書の事例研究では、オーストラリア近海でフカヒレ目当ての違法なサメ漁が多く行われていることが示されているという。


■画像は、いずれも national geographic から。


□まとめ、感想など

 サメの減った理由が、フカヒレか…なんとも人間の食い意地がこんなところに影響しているということか。






□2008.11月
 フカヒレ作りの記事があった。





 日本有数のフカヒレの産地、宮城県気仙沼市で、サメのヒレ干し作業が最盛期を迎えている。

 塩漬けにしたヨシキリザメなどの尾ビレが波のように干し場に並ぶ。

 近くの室根山(895メートル)から吹きおろす寒風にさらし、約2か月かけてじっくり天日で干すと、黄金色のフカヒレとなる。

 高いもので1キロ数万円で国内外に出荷されるが、加工業者の社員(43)は「高級食材の売れ行きは景気に左右されるので、早く上向いてほしい」と話していた。





 
→こうして、人間のお腹の中にはいってしまうわけか。